来場者5000人以下の中小規模展示会の主催者へ

はじめてのオンライン展示会なら「バーチャル見本市」

『オンライン展示会』
の立上げ・開催を徹底支援!
開催ノウハウがない主催者も安心!

オンライン展示会に必要な機能と
サポートを低コストで提供。
独自の来場者行動分析や
商談分析機能が、出展企業に大好評!

PROBLEM

オンライン展示会の開催で
こんな課題
ございませんか?

  • コロナ禍の影響でリアルの展示会を行っても集客できない…
  • オンライン展示会を主催したいが、展示会の立上げ・開催ノウハウがない…
  • 出展企業のITリテラシーのレベルはさまざま。きちんとサポートできるか心配…
  • オンライン展示会の開催を検討したが、コストが高くてあきらめている…
  • 来場者の行動分析や商談分析レポートを提供して、出展企業に訴求したい…

「バーチャル見本市」なら、
オンライン展示会を
スムーズに実現可能!

ABOUT

オンライン展示会に
必要な機能・サービスを
パッケージ化
「バーチャル見本市(オンライン展示会)」とは?

「バーチャル見本市(オンライン展示会)」は、来場者5000人以下程度の中小規模オンライン展示会開催に特化したサービスです。
コストを抑えて簡単に開催でき、運用の負荷も少ないのが特徴です。
来場者行動分析や商談分析など、主催者や出展企業に役立つAIを駆使した豊富な機能を活用できます。

展示会以外でも使える 「バーチャル見本市(オンライン展示会)」の活用シーン

SCENE01
開発部門と営業部門が
商品情報を共有するのに使用
SCENE02
販売店が商品情報をメーカーと
共有する場として使用
SCENE03
常設のショールーム
として活用

POINT01 オンライン展示会準備から
運営・フォローまで日本ユニシスがサポート!

オンライン展示会に必要な機能をパッケージ化して提供

「バーチャル見本市」は、「コンテンツ登録」「セミナー開催」「WEB商談」「アンケート」といったオンライン展示会に必要な機能を網羅しています。さらに来場者の傾向やアンケートの結果分析の提供まで、オンライン展示会に必要な機能をパッケージで提供しています。

実施計画の策定から見本市サイト構築支援、実施後の分析までの代行サービスを提供

オンライン展示会のシステム提供だけでなく、オンライン展示会の立上げから展示会運営まで
各種代行作業も含めてサポートします。また、出展企業のコンテンツ登録やセミナー実施についても
日本ユニシスがきめ細かくサポートするため、主催者に負担がかかりません。

POINT02 低コスト・作業負担軽減・AI分析により
出展企業を集めやすい!

気軽に出展して有益なデータも取得、出展企業にも大きなメリット

低コストでオンライン展示会を開催できるため、出展料も抑えられ出展企業を集めやすくなります。さらに、戸惑うことの多い事前準備から開催中の業務まで日本ユニシスがエンドツーエンドでサポート。
AIによる来場者の行動・商談内容を分析して、営業・マーケティング施策の改善にお役立ていただけるレポートも提供。
出展企業へのメリットも多く、参加しやすいプラットフォームです。

POINT03 Webセミナーや動画が
強力なリード獲得・商談化エンジンに!

各種リッチコンテンツ・コミュニケーションツールの提供で、リアルよりも効率的な商談の場に

多彩なコンテンツ機能を提供することが可能となり、より多くの来場者を集客できます。
リッチな動画コンテンツ制作についてもスタジオ撮影などを日本ユニシスがフォロー。
来場者はパソコンやスマートフォンから気軽にオンライン展示会にアクセスして、チャットで質問も可能で、スムースなオンライン商談を実現、リアルな展示会よりも効率の良い商談ができます。

POINT04 来場者閲覧状況、商談などをAI分析
出展企業の営業に役立つデータを提供!

来場者の行動分析・商談の状況をAI分析、営業・マーケティング施策の改善に役立つ分析レポート

来場者の行動や、チャット、商談、アンケートの内容をAIで徹底分析。
見込み度・モチベーションの高い来場者を見える化することで、その後の効率的な営業フォローにつなげることができます。
さらに、チャットや商談内容について来場者の感情を分析し、「成約につながりやすいトークスクリプト・キーワード」を把握でき、営業・マーケティング施策の見直しに役立てることができます。

CASE STUDY

バーチャル見本市/オンライン展示会
ケーススタディ
様々な業種・団体で
オンライン展示会を成功
導きます。

食品関連団体様の場合

キメ細かなサポートで
はじめてのオンライン展示会の立上げ・開催を成功!

導入前の課題

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、生産者を展示会に集めることが困難に。また内食のニーズが多様化し、バイヤーもより多くの生産者の中から多様な商品を探す必要に迫られているが、期間が限られるリアルな展示会だけでは限界があった。
オンライン開催も考えたが、ITに慣れていない生産者も多く、事務局ではサポートしきれない懸念があった。

  • コロナ禍の影響で、リアル展示会の開催が困難になった…
  • ニーズの多様化により、リアルの展示会だけではマッチング効率を高められない…
  • 生産者の数が多いため、十分なサポートができないのではないかと懸念があった…

バーチャル見本市
(オンライン展示会)で!

初めてのオンライン展示会開催となったが、準備作業のサポートがあったため、短期間で開催にこぎつけることができた。生産者が戸惑うことも懸念されたが、丁寧なサポートにより、大きな混乱もなく開催。
今まで遠方のための参加を断念していた生産者に参加してもらうことができ、バイヤーからも「効率的な商談ができた」と好評で、商談件数も増加した。

  • オンライン展示会の設計からサポートを受けられたため、短期間の準備で開催できた
  • 今まで遠方のために参加を断念していた生産者に参加してもらえた
  • 効率的に情報収集できるとバイヤーから好評。商談件数が増加した

製造業 B社様の場合

開発部門と営業部門が商品情報を共有する場として、
「バーチャル見本市(オンライン展示会 )」を社内活用

導入前の課題

営業部門では商品知識の習得が追い付かず、商品のメリットを顧客に正しく伝えることができないことが問題になっていた。また商品について調べようとしても、カタログレベルの情報しか入手できなかった。
開発部門による商品説明のセミナーが開催されていたものの、本社で実施されていたために遠方の拠点からは参加する機会が限られていた。

  • 新商品の点数が多く、営業担当者が知識の習得が追い付いていない…
  • 新商品について、深く理解するための資料を共有する仕組みがない…
  • 遠方の拠点から本社のセミナーに参加する機会が限られていた…

バーチャル見本市
(オンライン展示会)で!

「バーチャル見本市」で画像、動画を掲載した商品ページを常設することで、営業担当者がいつでも商品について知識を得られるようになった。また、開発部門による商品説明会をオンラインで開催することにより、遠方の営業拠点からも参加可能に。
業担当者から開発部門にチャットで質問することもできるため、部門間の連携も深まり、情報共有が大幅に改善した。

  • 商品ページを常設したことで、営業担当者が情報を入手しやすくなった
  • チャットで開発部門とやりとりすることで情報共有が改善した
  • 商品説明をオンラインで開催することで、場所を選ばず参加可能になった

COST / FUNCTION

コスト・機能比較日本ユニシスならではの
充実した機能とサポート付
導入しやすいコストを
ご評価いただいています。

  バーチャル見本市
(オンライン展示会)
A社 B社
展示会コンテンツ
機能
BtoBの商談会に特化した
機能を提供
大規模イベントの
にぎわい感・臨場感を演出
BtoCイベント向けの
機能を提供
コミュニケーション
機能
チャット、商談、
アンケート機能を提供
チャット、商談、
アンケート機能を提供
セミナー開催のコミュニケーション機能が充実
営業・商談の効果 シンプルで使いやすい機能で
商談化しやすい
ブースを自由に
行き来できるUX設計
マッチング関連の
機能を強化
設営・運用サポート 主催者・出展企業の省力化に向けた
代行作業・サポートあり
主催者に対する
問い合わせサポートのみ
主催者に対する
問い合わせサポートのみ
各種分析機能 AIによる商談分析機能などが充実 来場者の詳細なログが
取得可能
外部サービスとの
連携が充実
コスト リーズナブルなコストで
出展料を軽減
大規模イベント向け 中規模イベント向け
資料ダウンロード
デモのご依頼
お問い合わせ